おはようございます。

3連休の初日です。

天気は上々。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオでは、ハロウィンが始まってますね。

日本人になじみがなかったイベントですが、じょじょに浸透してきたようです。

明日、当園から5分の東郷地区で「おばけかぼちゃコンテスト」が行われます。

今年で22回目。

数年前から、参加させていただいております。

今年の代表は、



これに決定!!

重さで競うコンテストなので大きいものを選んでみました。

他にも



こんなものや



こんなもの



こんなものまで。

色も形も違います。

さっき無事大会会場に置いてきました。

参加賞は、毎年Tシャツなんです。

今年のデザインは、



これです。

なかなか面白いでしょ。

この大会は、日本大会公認です。

優勝するとアメリカの世界大会までつながっているそうです。

お近くにお立ち寄りの際はぜひ。

それでは、また。


おはようございます。

朝起きるのがツラクありませんか?

ふとんの中が気持ちいい今日この頃です。

子どもたちは、長袖、長ズボンで登校登園していきました。

日中は、暑くて脱いでいるんでしょうけど。

私は、まだ半袖、半ズボンで頑張ってます。

もう若くないのに、無理してますかね。

今日は、ラ・フランスに支柱をかけてきました。


朝日がまぶしい

日当たりがいい先端部分に重点的にかけます。

大玉がなっている分、折れやすいのもこの先端部分。

そして、


細い枝にも

たくさんなっているところにもかけましょう。

少しは楽になったかな。

これでもっと大きくなってくれればいいなぁ。

最終的には、


支柱だらけの園地

ほとんど全ての大枝に支柱がかかりました。

支柱は、廃パイプを利用しています。

けっこう丈夫でいいですよ。

「こんなに支柱がかかると、草刈りする時は大変だなぁー。」

ウチの草刈り部長が一人でボヤいていました。

それでは、また。


おはようございます。

今日は一日雨のようです。

このところ、カラカラの夏から一気に降水量が増えてきました。

こう雨が多いと病害虫が増える危険があります。

気をつけて観察していきます。

さて、今日は現在販売しているくだものを紹介します。


ナイヤガラとスチューベンのぶどう詰め合わせ

秋の代表的なフルーツ「ぶどう」。

色も味も違う2種類のぶどう詰め合わせです。

大粒の種なしピオーネも販売しています。

続いて、


晩生種の美晴白桃

桃と言えば夏のくだもの。

山形では今でも桃が収穫されます。

この品種は、かたい桃の代表格です。

今年の桃の食べ収めにいかがですか?

そして、



西洋ナシ「マリゲットマリラ」

昨日から並びました。

山形県は、西洋ナシの生産量日本一。

色々な品種があります。

その中でもこの品種は、最大級の大きさが特徴です。

また、食べ頃になると表面が黄金色に変わります。

いつ食べればいいかわかりやすい洋ナシです。

10月下旬になると皆さんよくご存知の「ラ・フランス」が出てきます。

最後に、


旬のフルーツ詰め合わせ

当園の一番人気。

季節によって色々なくだものが入ります。

今は、もも・洋ナシ・すもも・ぶどうですね。

いろいろなフルーツが一つの箱でお楽しみいただけます。

今週末は3連休。

当園では、ぶどう狩りをお楽しみいただけます。

ぜひ遊びに来てください。

それでは、また。


おはようございます。

今朝は気持ちのいい秋晴れです。

ここ2〜3日外仕事が出来なかったので、今日はガッツリいきたいと思います。

そろそろお彼岸ですね。

皆さんはお墓参り行きますか?

私は、お盆は必ず行くんですが、お彼岸は仕事を理由に行かないことが多いです。

今年は、しっかりお参りしてこようと思っています。

当園では、お彼岸用のフルーツ詰め合わせも販売しております。

もちろん地方発送も出来ます。

詳しく知りたい方は、お気軽にご連絡ください。

ということで、現在のラ・フランスその2いきますよ。

ここ5年でラ・フランスの栽培面積を増やしています。

ラ・フランスのいいところは、一気に収穫できること。

さくらんぼやりんごのように色が付いたところから収穫するという手間がいりません。

そして、まぁまぁ長期保存がきくということ。

短所は、大きい冷蔵庫が必要になること。

食べ頃がわかりずらいこと。

園地を見渡すと、


植えて3年の樹

小さいのに5個もなってました。

今年が初収穫になります。

このまま順調に成長してほしいです。

あとは、


2年前に移植してきた樹

新しい枝が伸びて、葉っぱも元気になりました。

ラ・フランスは、太い根っこが多いため、根付くまで時間がかかります。

そのまま枯れてしまうこともあります。

こまめな水やりと樹に負担のかからない管理が大事です。

来年あたりからすこしずつ収穫出来そうです。


植えて6年目の樹

このくらいになってくると、収穫量が計算できるようになります。

約50個〜60個のラ・フランスがなっています。

順調にいけば、来年は倍以上の収穫が期待できます。

収穫まで、台風などの被害がないことを祈っています。

おいしいラ・フランスの収穫まであと1ヶ月。

皆さんもうしばらくお待ちください。

それでは、また。

おはようございます。

雨が上がってくもり空の朝です。

ラ・フランスの収穫まであと約1ヶ月。

この1ヶ月で一段と大きくなります。

さっき園地に行ってきたので報告しますね。



けっこう大きくなってました。

中にはこんなものまで、


鳥につつかれてしまったラ・フランス

一般的に柔らかくなってから食べるラ・フランス

鳥には関係ないようです。

ただ鳥が食べ始めるということは、内部的においしくなってきた証拠かも。

鳥害を防ぐ対策も考えなくちゃいけない時期ですね。

視点を変えて、



樹の中から撮った写真。

こうやって見るとかなりたくさんなってます。

収穫が楽しみですね。

今度は、



外側から撮った写真。

南側から撮ってます。

南側は光が当たりやすく、大きくておいしいラ・フランスがたくさんなります。

おいしそうです。

これからは、支柱をこまめにかけて枝折れを防ぎます。

ここまできて枝折れで収穫出来ないのは、かなりイタイです。

あとは、摘果し忘れている所を見て行う修正摘果作業。

まだまだ収穫まで作業が残ってますね。

その2につづく。

それでは、また。



おはようございます。

雨が降ったり止んだりパッとしない天気です。

週末はどんな風に過ごしました?

高温も少しずつ落ち着いてきたので、やっと出かける気分になりましたよね。

市内の有名そば店の社長と話す機会がありました。

「今年の夏は、暑いから忙しいですよねぇー?」

と聞いた所、予想に反する答えが

「暑くてみんな外に出かけないみたいだ。本当ならざるそばや板そばとか冷たいそばがどんどん出てもいいんだけど。」

だそうです。

あまりにも暑すぎてお客様が店にやって来ないのです。

今年のような夏が来年来ないとは言えません。

課題の多い夏でした。

さて、さくらんぼの夏季剪定その2です。

剪定の順序としては、まずは大きい枝を切ります。

その後、細かい所へ。

夏はなるべくハサミを使わないようにしています。

切りすぎることを防ぐためです。

現時点で来年の花芽が出来ていることをご存じでしたか?


これが花芽です。

この芽が大きくなって、来年の春には花を咲かせます。

8月は花芽形成期です。

たくさんの日光を浴びたほうが強くていい花芽が出来ます。

今年は、日照時間が長く、たくさんの光を受けたので、来年はいいさくらんぼがなると思います。

ということで気付いてみれば、


剪定後の様子

こんなに枝が落ちました。

すごく明るくなりましたね。

あとは、12月の落葉期まで、しっかりと葉っぱを残しておくことが重要です。

来年も大きくて赤いさくらんぼを収穫するための作業が続きます。

それでは、、また。
おはようございます。

今のところ運動会日和の山形です。

天気予報によると週末は雨が降るようですが・・・・。

朝晩が本当に涼しくなりました。

子どもたちは起きてくると「寒い」と一言。

何日か前までは「暑い」と言ってたのに。

日が暮れるのも早くなりましたよね。

着実に季節は移り変わっているようです。

今日の話題はさくらんぼの夏季剪定です。

夏季ではなく秋季になってしまいましたが。

この作業は、葉っぱがある時期に剪定することで日当たりをよくし
て、樹勢を落ち着かせます。

特に、樹冠部を明るくすることを心がけます。

樹冠部というのは、樹の中心部分です。

ここを明るくすると、樹全体が明るくなってきます。

また、樹勢が弱っているものは剪定しません。

その一つの判断基準になるのが、新しく伸びた枝の長さです。


指で指しているところからが今年伸びた枝です。

この樹はけっこう伸びてますね。

そして、今年どんなさくらんぼが収穫されたか思い出しながら切ります。

まずは、樹冠部から


右側から伸びていた枝を切りました。

そして、


大枝の元の方にあった枝を切りました。

どうしても元の方は、日当たりが悪く、いいさくらんぼがなりません。

長くなるので、今日はこのへんで。

それでは、また。



こんにちは。

今日もブログをチェックしていただきありがとうございます。

お引っ越しして2回目の更新になります。

以前よりコメントしやすくなったので、時間のある方はぜひどうぞ。

私は、新しいシステムに慣れず、手さぐり状態で更新しています。

見ずらい点があるかもしれません。

ご迷惑をおかけいたします。

ということで、今日の話題。

とうとうりんごの葉つみがスタートしました。


葉つみまえの昂林(こうりん)

葉つみ後の昂林(こうりん)

収穫が早い品種から順に作業します。

まずは昂林から。

この品種は、9月下旬から10月上旬に収穫されます。

食味はふじによく似ています。

続いては、


陽光(ようこう)

この品種は、10月上旬から収穫されます。

果肉がかたく、歯触りのいいりんごです。

少し酸味があり、さわやかなりんごです。

サビが出るのも特徴です。

続いては、


シナノスイート

つがるとふじのかけ合わせ。

10月上旬から収穫されます。

程よい甘さと、ジューシーな果汁。

つがるとふじのいいとこ取りのおいしいりんごです。

お次は、


シナノゴールド

このりんごは、貯蔵性バツグン。

10月中旬収穫で、来年の3月くらいまでもちます。

青りんごの有望品種です。

そして、



紅玉(べにだま、こうぎょく)

皆さんご存知のりんごです。

昔からある甘酸っぱい品種。

これを使った、アップルパイやジャム、焼肉のタレは最高です。

まだまだ、


王林(おうりん)

これもおなじみ王林です。

10月下旬から収穫されます。

黄色くなるまで、待って収穫します。

甘くて、香りもいいりんごです。

締めは、やっぱり


サンふじ

りんごと言えばコレ。

11月上旬から収穫されます。

特にミツ入りのふじは大人気。

貯蔵性もよく、シャキシャキの食感はやめられないおいしさ。

当園では、袋をかけず太陽の光をたっぷり浴びたサンふじをお届けしています。

長くなりましたが、りんごの紹介です。

この他にも色々な品種があります。

気になる方はお問い合わせください。

それでは、また。

おはようございます。

山形はくもり空の朝です。

台風が北陸に上陸するとか。

今後の動きにも注意が必要です。

さて、今日からブログをジュゲムに引っ越しました。

今後ともよろしくお願いいたします。

これからは、写真をたくさん載せていきたいと思います。

こまめに更新していきますので末永いお付き合いをお願いいたします。

先週末、長男虎之助の運動会に行ってきました。

今年は応援団に選出されステージに上がることに。


開会式前の表情。何となく不安そう。ハチマキ決まってるね!!

ビデオ撮影のため、応援しているシーンは撮れませんでした。

気合いの入った応援を見せてくれました。

特に「オス!!」というかけ声がよかったね。

その後、かけっこと玉入れ、体操と成長した姿をじっくり見せてもらいました。


年長さんの演技。さすがです。

私は、運動会部会の役員ということで色々なお手伝いをさせていただきました。

当日まで、たくさんの時間を費やして練習、準備をしていただいた先生方には厚く御礼申し上げます。


運動会終了後の記念撮影。長女さくらも応援に来ています。

仕事は忙しいですが、子どもの行事には出来るだけ参加していこうと思っています。

少しずつ秋めいてきましたね。

今年の秋は短く、一気に冬が来るとか。

食欲の秋、読書の秋、そして収穫の秋です。

このブログを通して色々な情報を発信していきます。

こまめにチェックしてください。

それでは、また。